仏壇の仙和



トップページ商品の選び方 > 仏壇の選び方

仏壇の選び方

 仏壇の種類には、黒檀や紫檀を使った伝統的な「唐木仏壇」、漆塗りに金箔が施してある「金仏壇」、マンションやフローリングの洋間に合わせた新しい「家具調仏壇」「永久仏壇」などがあります。また形式の種類には、上置型、地袋付仏間用、台付型があります。

<材質・素材の種類>

【唐木仏壇】

 「唐木仏壇(からきぶつだん)」は伝統的様式の仏壇で、江戸時代に培われた工芸技術が生かされています。黒檀や紫檀など、銘木と呼ばれている木材の美しい木目を生かした仏壇です。木材の色や木目を生かして作られているので、木材の種類や材質によって仏壇の値段が異なります。
唐木仏壇の代表的な木材、黒檀と紫檀
【黒檀】
 材質は堅く、水に沈むほど緻密で、耐久性に優れ、虫や菌に侵されにくいうえ、乾燥性がよいという特徴があります。黒地に美しい木目が浮き出た高級な木材で「木のダイヤモンド」といわれるほど高価です。
【紫檀】
 心材は暗紫紅色、周辺は白色で、材質は堅くて緻密なところは黒檀と同じです。正倉院御物の唐木細工のなかではもっとも多く見られ、古くから珍重された木材です。

黒檀

紫檀

【金仏壇】

 金仏壇(きんぶつだん)は、全体に黒の漆塗りが施され、内部に金箔が張ってある仏壇です。
表側は伝統的に漆が使われ、漆塗りの回数が多いほど耐久性に富み、高価になります。金仏壇は、それぞれの宗派によって内部の形に違いがあります。自分の宗派に合った金仏壇を選ぶようにしましょう。

金仏壇

【家具調仏壇】

 材質は、ナラ、ウォールナット、ニレ、チーク、クルミなどの洋家具材を使用し、洋間に合わせた新しいデザインの仏壇です。明るい自然感のある色調のものが多いのも特徴です。小型の仏壇が主流で、インテリア性を重視したすっきりしたデザインにより、マンションやフローリングの部屋に違和感なく安置できます。

家具調仏壇

<大きさ・形式>

 仏壇の形式には、上置型仏壇、地袋付仏間用仏壇、台付型仏壇の3種類があります。仏壇を安置する場所によって、大きさや形式を決めます。

【上置型仏壇】

 高さは36センチ〜88センチ程度。タンスの上やサイドボードの上、押入れの上半分のスペースに置くタイプの仏壇です。

【地袋付仏間用仏壇】

 高さが98センチ〜131センチ程度。地袋が付いている仏間に置くタイプの仏壇です。

【台付型仏壇】

 高さが106センチ〜173センチ程度。仏間や床の間に直に置くタイプの仏壇です。壁を背にして畳の上に置くこともできます。

上置型仏壇

地袋付仏間用仏壇

台付型仏壇